京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

南禅寺の庫裏へ入り右側「滝の間」の清涼の滝

洛東(東山)

南禅寺周辺・岡崎周辺

東山連峰の山麓に沿って南北に流れる疎水沿いに哲学の道があり、日本の道百選の1つに選ばれている。哲学者の西田幾太郎にしだきたろうが思索にふけったことが名の由来。距離は約1,5km、徒歩約25分の散歩道である。春は約500本の関雪桜が咲き、夏には蛍、秋には紅葉と四季折々の風景を楽しめる。哲学の道の北は銀閣橋から始まり、東山文化を伝える銀閣寺ぎんかくじや法然ゆかりの法然院ほうねんいんがあり、若王子橋まで下れば紅葉で有名な永観堂えいかんどうはすぐそこ。永観堂の南には大伽藍だいがらんと水路閣の南禅寺なんぜんじ。哲学の道の途中で西に折れれば、城構えの金戒光明寺こんかいこうみょうじに趣のある参道の真如堂しんにょどう。そして日本で二番目に開園した動物園や美術館に図書館など文化施設の多い岡崎には平安神宮へいあんじんぐうなど、京都の旅情をたっぷり味わうことができる地域である。

《画像は南禅寺庫裏くり(拝観受付)へ入り右側「滝の間」の清涼の滝》

哲学の道、岡崎、南禅寺周辺、祇園周辺の地図(マップ)

《南禅寺周辺、岡崎・哲学の道周辺の地図(マップ)知恩寺、銀閣寺、法然院、熊野若王子神社、吉田神社、大正時代の家並み、真如堂、金戒光明寺、重森三玲庭園美術館、熊野神社、平安神宮、永観堂、南禅寺、無鄰菴などを掲載。》

地図南側↓の祇園花街周辺・東山周辺・清水寺周辺の詳しい地図(マップ)はこちらから

最新の記事

南禅寺

南禅寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

南禅寺は京都五山の上に列せられ、日本の禅寺の中でもっとも格式高い寺古刹こさつである。臨済宗りんざいしゅう南禅寺派の大本山。南禅寺の名は永観堂えいかんどうの正式名称「禅林寺ぜんりんじ」の南に位置することから由来する。南禅寺の始まりは1264年、亀山上皇がこの地に離宮を造営したのが南禅寺のはじまりである。1291年に離宮を寺院に改める。皇室発願による初めての禅寺である…

続きを読む

清水寺

清水寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

ここ清水寺は「清水の舞台」で知られ、鎌倉時代以前から続く京都屈指の人気観光スポット。現在は日に4万人前後訪れるという。1994年に世界文化遺産に登録された。778年建立。平安遷都直前まで遡ることが出来る歴史深い古刹こさつである。延鎮上人えんちんじょうにんがこの地で草庵を結び、千手観音像を祀ったのが清水寺の始まり。その後、蝦夷征討えみしせいとうで有名な征夷大将軍の坂上田村麻呂さかのうえのたむらまろによって…

続きを読む

建仁寺

建仁寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

建仁寺の創建は1202年。京都で最も古い禅寺である。臨済宗建仁寺派の大本山。京都五山「第三位」の格式高い大寺院である。建仁寺を開いた栄西禅師は日本にお茶を広めた人物として有名。境内の垣根にお茶の木が使われており、また境内に茶畑も存在する。江戸時代末まではは54000坪という広大な境内を有したが、明治時代に入り政府の上知令によって境内は半分以下に縮小…

続きを読む

東福寺

東福寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

鎌倉時代創建。臨済宗りんざいしゅう東福寺派の総本山であり京都五山の一つ。19年の歳月を費やし、1255年に完成。かつて奈良最大の寺院であった東大寺と興福寺こうふくじの名からそれぞれ一字をとって、東福寺と名づけられた。禅宗ぜんしゅうの寺院建築様式である。東山を背景にし、谷や緑の中に伽藍が配置され数々の塔頭たっちゅうが囲む。塔頭は25ヶ寺と数多い。寺域は京都五山の中では最大級の大寺院。南北1㎞以上にも及ぶ。諸堂はたびたびの火災により消失しているが…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。