京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

青蓮院門跡の華頂殿から眺めるツツジが彩る相阿弥作庭の庭

洛東(東山)

祇園周辺・清水寺周辺

東山三十六峰が連なる山麓に抱かれた清水寺周辺と祇園周辺は名所旧蹟が数多く京都屈指の観光スポットである。世界文化遺産である清水寺きよみずでらの「清水の舞台」はあまりにも有名。豊臣秀吉の正室である北政所ねねが晩年を過ごした圓徳院えんとくいん、二人の菩提を弔う高台寺こうだいじ。京都情緒あふれる二寧坂にねんざか産寧坂さんねんざかの石畳や石段、情緒ある小道の石塀小路いしべこうじ。歴史深い八坂神社やさかじんじゃに徳川家の菩提寺である知恩院ちおんいんや格式高い青蓮院門跡しょうれんいんもんぜき。祇園の花街に入れば京都最古の禅寺である建仁寺けんにんじ、その南には現在は小寺ながら古い歴史ある六波羅蜜寺ろくはらみつじ六道珍皇寺ろくどうちんのうじなど見どころは数多い。

《画像は青蓮院門跡しょうれんいんもんぜき華頂殿かちょうでんから眺める相阿弥そうあみ作庭の庭》

京都祇園花街・東山周辺の地図(マップ)

《京都祇園(花街)・東山の地図(マップ)建仁寺、八坂神社、知恩院、青蓮院門跡、白川一本橋、明智光秀の首塚、高台寺、圓徳院、六道珍皇寺、六波羅蜜寺、清水寺などを掲載。》

地図北側↑の南禅寺界隈・岡崎・哲学の道周辺はこちらから

清水寺周辺や智積院周辺の地図(マップ)

《清水寺周辺の地図(マップ)豊国神社、方広寺、耳塚、大仏殿跡(大仏殿跡緑地公園)、智積院、三十三間堂、養源院、豊国廟、清水寺などを掲載》

最新の記事

南禅寺

南禅寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

南禅寺は京都五山の上に列せられ、日本の禅寺の中でもっとも格式高い寺古刹こさつである。臨済宗りんざいしゅう南禅寺派の大本山。南禅寺の名は永観堂えいかんどうの正式名称「禅林寺ぜんりんじ」の南に位置することから由来する。南禅寺の始まりは1264年、亀山上皇がこの地に離宮を造営したのが南禅寺のはじまりである。1291年に離宮を寺院に改める。皇室発願による初めての禅寺である…

続きを読む

清水寺

清水寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

ここ清水寺は「清水の舞台」で知られ、鎌倉時代以前から続く京都屈指の人気観光スポット。現在は日に4万人前後訪れるという。1994年に世界文化遺産に登録された。778年建立。平安遷都直前まで遡ることが出来る歴史深い古刹こさつである。延鎮上人えんちんじょうにんがこの地で草庵を結び、千手観音像を祀ったのが清水寺の始まり。その後、蝦夷征討えみしせいとうで有名な征夷大将軍の坂上田村麻呂さかのうえのたむらまろによって…

続きを読む

建仁寺

建仁寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

建仁寺の創建は1202年。京都で最も古い禅寺である。臨済宗建仁寺派の大本山。京都五山「第三位」の格式高い大寺院である。建仁寺を開いた栄西禅師は日本にお茶を広めた人物として有名。境内の垣根にお茶の木が使われており、また境内に茶畑も存在する。江戸時代末まではは54000坪という広大な境内を有したが、明治時代に入り政府の上知令によって境内は半分以下に縮小…

続きを読む

東福寺

東福寺の境内案内図(境内マップ)

境内案内図追加

鎌倉時代創建。臨済宗りんざいしゅう東福寺派の総本山であり京都五山の一つ。19年の歳月を費やし、1255年に完成。かつて奈良最大の寺院であった東大寺と興福寺こうふくじの名からそれぞれ一字をとって、東福寺と名づけられた。禅宗ぜんしゅうの寺院建築様式である。東山を背景にし、谷や緑の中に伽藍が配置され数々の塔頭たっちゅうが囲む。塔頭は25ヶ寺と数多い。寺域は京都五山の中では最大級の大寺院。南北1㎞以上にも及ぶ。諸堂はたびたびの火災により消失しているが…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。