京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

相国寺方丈前庭園は禅宗寺院らしい白砂の枯山水庭園

相国寺

京都五山の第二位

※【秋の特別拝観】2019年9月25日(水)~12月15日(日) 10:00~16:00 16:00受付終了 16:30閉門 一般・大学生800円 65歳以上・中高生700円 小学生400円

相国寺は1392年、足利義満によって創建。花の御所の隣に10年という歳月をかけて大禅院を建立する。

ここ相国寺の開山は夢想疎石である。夢窓疎石は後醍醐天皇や足利尊氏などの帰依を得て、世界遺産の天龍寺の開山をも成している。また名作庭家でもあり世界遺産の西芳寺(苔寺)や天龍寺、等持院などの庭園も手掛けている。

相国寺は京都五山の二位に列せられ、禅宗寺院を管理する僧録司が置かれた。また五山文化の中心地でもあった。雪舟や一休などの多くの名僧学僧が相国寺から育っている。

相国寺は明治の世に入る前は敷地面積7万坪、塔頭は40を有する大寺院であったが、明治政府の宗教改革、上知令、廃仏毀釈により塔頭は16に減少し、敷地も縮小。跡地には同志社大学などが建つ。現在も2.6万坪という広大な敷地を有し、相国寺は全国に100ヵ寺を有する大本山。山外塔頭として世界文化遺産である金閣寺銀閣寺も有している。

《上の写真は禅宗寺院らしい白砂の枯山水庭園(方丈前庭園)。勅使門と法堂が見える》

相国寺の蟠龍図(雲龍図・双龍図・蒼龍図)が描かれている法堂

法堂

相国寺の歴史は火災との歴史である。10年の歳月をかけて完成させた伽藍は、わずか二年で火災によって諸堂の大部分を焼失してしまう。幕府の威信をかけその二年後には再建された。

再建から更に三年後、ついに高さ109mの七重塔が完成する。東寺の五重塔が高さ54.8m、八坂の塔の高さ46m、醍醐寺の五重塔の高さ38.2m、仁和寺の五重塔の高さ36.2mであり、相国寺の109mの七重塔がどれほど驚異的な高さを誇った塔であったか想像を絶する。その七重塔も完成後四年で落雷によって炎上、焼失してしまう。

また応仁の乱の戦火よって伽藍の大部分が灰となった。その後、豊臣や徳川によって再建されるも、京都史上最大の火災である天明の大火によって法堂と浴室以外は焼失してしまう。

相国寺の法堂は高さ22メートルで現存する法堂の中では最古で最大、豊臣秀頼の寄進よって再建されたもので桃山様式が色濃く残る。またの名を無畏堂とも呼ばれる。内部天井には狩野光信による蟠龍図(雲龍図・双龍図・蒼龍図)が描かれており泣き龍としても有名である。

《上の写真は法堂へと延びる石畳の参道》

相国寺の方丈の裏方丈庭園

裏方丈庭園

方丈と開山堂は1807年に再建されたものである。方丈の6室をすべて合わせると168畳の広さを誇る。開山堂には夢窓国師像が安置され、丸山応挙筆の杉戸画・襖絵があり、「龍渕水の庭」と呼ばれる前庭がある。

方丈の裏方丈庭園は枯山水庭園でありながら大きく堀が彫られており、一風変わった他ではあまり見られない構造様式。実際のよりもより一層空間を大きく見せている。京都市の名勝に指定。立体的な空間にスギゴケに石組、もみじなどが配置され深みある美しさ。市内の喧噪を忘れる名庭園。

境内には相国寺創建600年を記念して建てられた承天閣美術館があり、金閣寺や銀閣寺、相国寺派に伝わる宝物が展示公開されている。

伊藤若冲の芭蕉図や葡萄図、絵画や工芸品、茶道具など多数の美術品が常時公開されている。

《上の写真は立体感あふれる独特の起伏が珍しい裏方丈庭園》

相国寺の拝観情報

所在地・電話

  • 〒602-0898 京都市上京区相国寺門前町 今出川通烏丸東入
  • 075-231-0301

交通アクセス・駐車場

  • 市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約5分
  • 京阪鴨東線「出町柳駅」から徒歩約20分
  • 駐車場なし

拝観時間

  • 境内自由
  • 特別公開 10:00~16:00 受付終了16:00 閉門16:30【春期】法堂 方丈 《浴室》 【秋期】法堂 方丈 《開山堂》

拝観料

  • 境内は無料
  • 特別公開 一般800円 65歳以上・中高生700円 小学生400円

相国寺周辺のおすすめスポット

下鴨神社の参道と拝殿

下鴨神社【世界文化遺産】

京都最古の神社の一つ

下鴨神社は賀茂川と高野川に挟まれた三角地帯にあり、その歴史はかなり古く、紀元前90年に改修を行った記録がある。京都最古の神社の一つ。2棟が国宝、53棟が重要文化財。境内は史跡。古代植物を有する糺ノ森の中にある500mの長い参道は、神秘的な雰囲気で…

続きを読む

上御霊神社(御霊神社)

上御霊神社(御霊神社)

応仁の乱勃発の地

上御霊神社の歴史は古く、794年平安遷都の際に桓武天皇の勅願により王城守護の為に八所御霊を祀ったのが始まり。ここ上御霊神社は応仁の乱勃発の地と知られていて、ここから応仁の乱の火蓋が切られた。11年にも及ぶ内乱で京都の街はことごとく焼かれ全てが灰となったのである。京都で応仁の乱以前…

続きを読む

河合神社

河合神社

美人祈願で人気

下鴨神社の境内の糺の森ので静かに佇む河合神社は現在下鴨神社の摂社の一つであり、境内の中でも重要な古社である。ここは高野川と賀茂川が合流する地であり、それが河合神社の社名の由来である。また中世には男女の性愛の守護神としての信仰があったようだ。糺の森を貫く下鴨神社の参道途中の西側…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。