京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

二条城の天守閣跡から眺める本丸御殿と本丸庭園と東山

二条城【世界文化遺産】

江戸幕府誕生と終焉の地

関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は1603年、京都御所守護及び朝廷の監視、上洛時の宿として建築した。当時はまだ二の丸御殿規模程度で城というよりは屋敷であったが、豊臣秀吉築城である幻の聚楽第の一部を移築したとも言われている。

三代将軍徳川家光の時代に城域の拡大に着手し、内堀及び本丸を造営、伏見城の遺構などを移築し今現在の規模に拡大した。以後歴代将軍は幕末の14代徳川家茂の時まで上洛することなく、天守閣などが落雷や大火で焼失するも再興はされなかった。再び二条城が歴史の表舞台に現れるのは幕末の1867年、15代将軍徳川慶喜の大政奉還の時である。

1994年に世界文化遺産に登録。二条城は桃山文化の絢爛豪華さを今に伝え、洛中に残る唯一の城。一年を通して世界中から観光客が多数訪れ、年間の入場者数は160万人を超える程の人気だ。

日本には今現在も多数の城が現存するが、世界文化遺産に登録されている日本の城は沖縄の首里城、兵庫の姫路城、そして京都のの二条城だけである。

春には城内の300本以上の桜が咲き誇る京都随一の桜の名所。夜間はライトアップされ目にも鮮やか。人気の春のイベント。3月中旬~4月中旬の18:00~21:00(21:30閉城)

二条城の絢爛豪華な唐門と二の丸御殿

色彩美豊かな唐門

二条城の唐門は切妻造、檜皮葺の四脚門。前後には優美な曲線美の唐破風が飾る。絢爛豪華な彫刻に色彩、豊臣秀吉築城の伏見城からの移築。重要文化財である。

国宝である二の丸御殿は6棟からなり、遠侍、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院からなる。建物総面積3300㎡、部屋数33室、総畳数800を超える大書院建築。

二条城の国宝二の丸御殿

二の丸御殿は徳川260年の歴史を今に伝える

絢爛豪華な唐門を抜けると目の前には一際背の高い屋根を持つのが遠侍、その遠侍の右につけられた玄関口が車寄せである。二条城の車寄せは入母屋造、檜皮葺、聚楽第の遺構と伝わる。表と裏で意匠が変わる欄間彫刻は華聯。牛車が入れるよう中は広い。

遠侍は控えの間としての役割。二条城で最大級の建物である。多くの部屋を有しており、狩野探幽を筆頭とする狩野派による障壁画が3600面以上一面飾られており、1016面が重要文化財。金箔に彩られ華やか。欄間彫刻も見事である。徳川家約260年の隆盛を現在に伝える作品群である。

大広間は上段、二の間、三の間、四の間と分かれ、桃山時代の武家風書院造の代表格。上段の二重折上格天井の極彩色豊かな花鳥文様、左右に違棚。四の間の「松に鷹図」は狩野探幽が25歳の時の作品であり傑作。遠侍、式台、大広間をつなぐ廊下は鴬張りであり、歩くときしみ音がなる。また廊下の杉戸画、障子上の彫刻も見所の一つ。二条城は桃山文化のすべてが凝縮されている。

二条城の二の丸庭園

二の丸庭園は書院造庭園の傑作

二条城には主に三つの庭園があり、それぞれ趣が異なる。二の丸御殿の西側の庭園は「二の丸庭園」といわれる書院造庭園。徳川家康の時代に作庭されたもので、のちに小堀遠州が改修したと伝わる。

池に蓬莱島と鶴島と亀島を配し、池の西側には滝組などの岩組を配す。神山蓬莱の世界を表し、大広間や黒書院の建物内部から眺めるように設計されている。

京都における小堀遠州が設計造営した庭園は二条城、南禅寺、金地院、高台寺圓徳院青蓮院清涼寺、御香宮神社、仙洞御所など数多い。茶道、建築家、作庭家として活躍した人物である。

二条城の本丸御殿と本丸庭園

本丸御殿と本丸庭園の和洋折衷

本丸庭園はもともとは二の丸庭園に劣らぬ豪華な日本庭園であったそうだが、1788年の天明の大火で庭園も焼失、幕末には徳川慶喜の居室が建てられ茶庭を造営。

本丸御殿は明治時代、明治天皇の勅命で御所の旧桂宮邸を移築。丸みを帯びたむくり屋根の造形美が特徴的。庭園は枯山水庭園へ改修、1895年に今現在の西洋風芝庭園に大規模改修された。19世紀の日本では西洋風の庭園が大流行していた。

二条城の中根金作作庭の清流苑

中根金作作庭の清流苑

城域北側の「清流苑」は昭和40年に中根金作によって作庭された。東側は芝庭園、西側は和楽庵と香雲亭の二棟を含んだ池泉回遊式庭園であり和洋折衷庭園と言えよう。銘石が並ぶ名庭園である。中根金作は「昭和の小堀遠州」と呼ばれ名作庭家として名高い。

京都における中根金作の作庭は平安神宮南神苑金戒光明寺、妙心寺退蔵院、妙心寺大心院、大徳寺興臨院常照寺などで見ることができる。中根金作は近代の名作庭家の一人。

二条城の拝観情報

所在地・電話

  • 〒604-8301 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
  • 075-841-0096

交通アクセス・駐車場

  • 京都市営地下鉄東西線「二条城前駅」から徒歩約5分
  • 第1駐車場(二条城東側)8:15~18:00 乗用車120台 2時間まで1000円 以降1時間毎200円
  • 第3駐車場(二条城南側)8:15~18:00 乗用車20台 2時間まで800円 以降1時間毎200円

拝観料

  • 一般600円 中学生・高校生350円 小学生200円
  • 2019年4月から二の丸御殿は別途 一般400円 中高生350円 小学生200円

拝観時間

  • 8:45~16:00 閉城17:00
  • 休城日 年末年始12月26日~1月4日 毎年12月・1月・7月・8月の毎週火曜日 当該日が休日の場合は翌日が休城日

ライトアップ

  • 城内ライトアップは桜の開花時期に合わせて公開
  • 重要文化財の二の丸御殿台所も合わせて公開(通常非公開)

桜・紅葉の見頃

  • 【桜】3月下旬~4月上旬。多種多様な桜が植えられ京都の春を艶やかに染め上げる。京都でも有数の桜の名所
  • 【紅葉】11月中旬~12月上旬。カエデやイチョウなどの落葉樹が数多く紅葉時期は彩り豊か

作庭家小堀遠州関連情報

南禅寺の水路閣

南禅寺

大伽藍と水路閣

南禅寺は京都五山の上に列せられ、日本の禅寺の中でもっとも格式高い寺である。南禅寺の名は永観堂の正式名称「禅林寺」の南に位置することから由来する。南禅寺の始まりは1264年、亀山上皇がこの地に離宮を造営したのがはじまりである。1291年に離宮を寺に改め、1334年に京都五山第一位、足利義満…

続きを読む

青蓮院門跡の藥医門とクスノキ

青蓮院門跡

格式高い門跡寺院

青蓮院という寺名は実に美しい。寺名から神秘的な雰囲気を醸し出し、奥深い魅力を感じる。青蓮院の西側に面した神宮道沿いには石垣の上にクスノキが根を張り、空を隠さんとばかりに枝葉を広げる情景は青蓮院門跡独特であり、また京都ならではの趣ある風景と言えよう。十数年前に初めてこの景色を見た時…

続きを読む

高台寺

高台寺

ねねの寺と桃山文化

東山連峰の霊山の山麓に建つ高台寺。豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が秀吉の菩堤を弔う為に1606年に創建。正式には高台聖寿禅寺という。徳川家康は政治的配慮から造営を援助し95000坪の寺地を誇る壮大な寺院だったが、明治政府の上知令によって削られ今現在は15000坪である。禅宗…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。