京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

無鄰菴の母屋から見る庭園

無鄰菴むりんあん

日本近代庭園の代表作

明治・大正時代の元老山県有朋やまがたありともの元別荘である。山形有朋は長州藩の足軽の身分の次男。後に明治政府の陸軍大将、政治家として内閣総理大臣にまでなった歴史上名を残す人物。

明治24年に購入し明治27年に建築に着手。明治29年に完成。数寄屋造りすきやずくりの母屋、茶道藪内流やぶのうちりゅうの「燕庵えんなん」を模した茶室、煉瓦造れんがづくりの二階建洋館が広大な庭園の中で控えめに佇む。

庭園は国の名勝。山県有朋が自ら設計及び監督を行っており、山形有朋の理想を具現化した無鄰菴庭園。足軽から日本のトップまで昇りつめた山形有朋と豊臣秀吉。豊臣秀吉の理想を具現化したのが醍醐寺三宝院庭園だいごじさんぽういんていえん。どちらも歴史に名を残す名庭園である。無鄰菴は現在は京都市の施設である。

《上の写真は母屋室内から眺める庭園》

小川治兵衛作庭の開放的で近代の代表作である無鄰菴庭園

小川治兵衛おがわじへいの空間演出よる世界観

近代的で開放的な池泉回遊式ちせんかいゆうしき庭園。敷地面積は約3100㎡もあり、奥に見える東山を借景しゃっけいとし、空は広く、明るく、なにより開放的。まさに風光明媚。作庭された当時、今までの庭園に使用されることのない木々なども植栽されており、まるで借景である東山と一体となった世界観を立体的に見ることができる庭園である。

琵琶湖疏水を敷地内へ引き込み、表情豊かな石組いわぐみを配し奥行きある庭園。緩やかな傾斜になっており、庭園の奥には三段の滝がある。醍醐寺三宝院庭園の滝を模している。山形有朋は相当な金額を市に寄付をし、琵琶湖疏水びわこそすいを防火用水の名目で敷地内に引き入れた。

庭園奥の流れ落ちる滝に近づくに従って敷地内で響く水の音が少しずつ変化し、清らかなせせらぎが演出されている。

《上の写真は借景、開放的な構成、水流、沢石、飛び石など小川治兵衛作庭の特徴が見て取れる》

無鄰菴庭園の三段の滝

近代日本庭園の巨匠である小川治兵衛

庭園は京都の庭師・植治うえじ七代目である小川治兵衛が作庭。ここ南禅寺界隈別荘群の中で最初に建てられたのが無鄰菴である。「植治流」の原点がここにある。小川治兵衛は南禅寺界隈別荘群で数多く作庭。また数多くの庭園の修復も手掛ける。

ここ無鄰菴は近代日本庭園の代表作。他に七代目小川治兵衛の作庭は平安神宮へいあんじんぐうの神苑、円山公園まるやまこうえんの池泉回遊式庭園、白河院庭園、並河靖之七宝記念館なみかわやすゆきしっぽうきねんかんの庭園などで見ることができる。借景及び開放的な空間演出、水流、沢石、飛び石などが特徴的だ。

また小川治兵衛の特徴の一つの中でも守山石もりやまいしの用いていることが最大の魅力であろう。守山石は滋賀県大津市の北部が産地。プランクトンの堆積層が見える縞模様が最大の魅力。小川治兵衛が活躍した当時、植治好みの石として全国的な人気を博した。

《上の写真は醍醐寺三宝院庭園の滝を模して造られた無鄰菴の三段の滝》

無鄰菴会議で有名な無鄰菴の洋館2F

南禅寺別荘群の庭園

洋館は1898年に建てられたもので、日露開戦を決定した無燐菴会議を開いた事で有名。狩野派かのうはによる花鳥図障壁画、花鳥文様の格天井など洋館内部の豪華さ。一階には山県有朋の愛用品を展示。

南禅寺界隈は明治期の上知令によって南禅寺の境内が払い下げられ別荘地としての開発が進む。現在も多数の別荘が存在するが、南禅寺別荘群の中で一般に公開されているのは大変珍しい。

また南禅寺別荘群の中に七代目小川治兵衛作庭の庭園が多数あるが私邸の為に非公開が多い。無鄰菴は南禅寺別荘群の中で小川治兵衛作庭の庭園が見れるのは非常に貴重。近年では夜間ライトアップなどのイベントも行われ訪れる楽しみがさらに広がった。

《上の写真は洋館二階内部の豪華さ》

紅葉の季節の無鄰菴の母屋と庭園

《上の写真は紅葉の季節の母屋と紅葉と庭園》

無鄰菴へのアクセスマップと周辺の神社仏閣の案内図

《蹴上駅~無鄰菴へのアクセス・周辺案内図》

無鄰菴の拝観情報

所在地・電話

  • 〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町31
  • 075-771-3909

拝観時間

  • 4月~9月 9:00~18:00
  • 10月~3月 9:00~17:00
  • 最終入場(拝観)受付は閉門時間の30分前
  • ※12月29日~12月31日までの3日間は休館

拝観料

  • 入場料(拝観料)410円⇒2019年10月1日から600円
  • 小学生未満は無料

交通アクセス・駐車場

  • 京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約7分
  • 駐車場はなし

無鄰菴周辺のおすすめスポット

南禅寺の煉瓦造の苔むした水路閣

南禅寺

大伽藍と水路閣

南禅寺は京都五山の上に列せられ、日本の禅寺の中でもっとも格式高い寺である。南禅寺の始まりは1264年、亀山上皇がこの地に離宮を造営したのがはじまりである。1291年に離宮を寺に改め、1334年に京都五山第一位、足利義満が相国寺を建立し「五山の上」位の最高位に。ここ南禅寺は江戸時代、松で有名…

続きを読む

永観堂の石畳と緑豊かな青もみじの参道

永観堂(禅林寺)

東山随一の紅葉の名所

京都でも屈指の紅葉の名所であり、東山随一の紅葉の名所として名高い永観堂。境内には3000本以上の楓があり、秋はもみじの永観堂ともいわれる。古今和歌集ですでにもみじの美しさが歌われており、秋の境内は真紅に染まり多くの参拝者を魅了する。863年に空海の弟子の真紹(しんしょう)が建立したのが…

続きを読む

平安神宮の尚美館(貴賓館)

平安神宮

日本庭園の典型として名高い

平安京は794年から東京遷都の1869年、明治2年まで続き、日本の歴史のなかで最も長く続いた都であった。天皇が東京に移ると京都は衰退をしはじめ、その再興の一つが平安京の建設であり、桓武天皇を祀る平安神宮の建設である。1895年、明治28年に8分の5のサイズで創建。三条通から岡崎公園を横断する神宮道…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。