京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

慈照寺の銀閣(観音殿)と錦鏡池

銀閣寺【世界文化遺産】

東山文化の代表格

東山文化の代表的な木造建築である銀閣寺。わび・さびの世界の代表格である。世界文化遺産。銀閣寺は金閣寺と共に相国寺の山外塔頭の一つである。

銀閣寺は東山三十六峰の一つ如意ヶ嶽(大文字山)の麓に位置している。毎年8月16日の京都・五山の送り火で有名な大文字の麓である。

1482年に室町幕府8代将軍足利義政は東山に浮かぶ月をこよなく愛し、この地に山荘東山殿を造営したのが銀閣寺の始まりである。銀閣寺の向月台、高台寺の観月台など東山には月が良く似合う。

足利義政は次第に政への興味が薄れ、芸術の世界へ没頭する。銀閣(観音殿)が完成したのが1489年といわれている。当時は応仁の乱の直後であり、資金不足などにより8年の工期を要した。

《上の写真は錦鏡池越しに眺める銀閣(観音殿)》

銀閣寺垣

銀閣寺垣

総門を入り参道はすぐ右に折れる。そこには下部は石垣、中段は竹垣、上段は椿の高さ4mもの生垣が左右に高々と50mも続き中門に至る生垣に圧倒される。

中段の竹垣は建仁寺垣ともいわれ、上部中部下部を合わせたこの垣根全体を銀閣寺垣という。このデザイン性が実に素晴らしい。気が付いた時にはすでに東山文化の独特の世界観の中にいるのである。この高い垣根は現実の世界と浄土の世界を隔てている垣根である。

中門の先には砂を円錐形の形に盛り上げた「銀沙灘(ぎんしゃだん)・向月台(こうげつだい)」があり、錦鏡池(きんきょうち)の先には銀閣。このドラマチックな庭園構成によって、より神厳な雰囲気に包まれている。

《上の写真は受付側から眺める銀閣寺垣》

銀閣(観音殿)と銀沙灘と向月台

8代将軍足利義政が設計の銀閣寺の世界観

銀閣寺の庭園は国の史跡・特別名勝に指定。足利義政は銀閣寺を建設の際に苔寺を参考にしていると言われているが、当時の苔寺をほぼ模写しているといえるだろう。設計は義政自ら行い、相阿弥が造ったとされている。しかし江戸時代の改修によって造営当時の原型は失っている。

1615年、宮城豊盛によって庭園の整備、各宇堂の改修をし銀閣寺は再興。宮城豊盛は豊臣秀吉、徳川家康の家臣である。他に知恩院金戒光明寺など幕府の重要拠点の改修に関わる歴史的名高い人物である。

庭園は苔寺と同じく上下に別れている二段構成、下段は錦鏡池を中心とする池泉回遊式庭園であり、月持山を借景としている。本堂前の銀沙灘と向月台は江戸時代後期に追加されたもの。後世にわたって足利義政の思いを具現化したといってよいだろう。1931年に足利義政が茶道に利用したとされる「お茶の井」が発掘された。現在もお茶会に用いられている名水がある。

上段の庭からは銀閣寺全体を見ることができ、その先には吉田山、そして京都の街を見ることができる見晴らしが良く絶景ポイント。

《上の写真は銀沙灘と向月台と銀閣(観音殿)》

銀閣寺の国宝東求堂は書院の原型

観音殿と東求堂は日本建築の美

銀閣はまたの名を観音殿と言う。慈照寺の象徴でもあり、室町建築の代表格をいえよう。上棟式は1489年。完成年は不明。

足利義政は銀閣の完成を待たずして没したとも言われている。上層が仏堂風、下層が書院風の二層式楼閣で簡素枯淡。東山文化を代表する建築様式美。足利義政の美意識の高さを見ることができる。

東求堂の中にある茶室は日本最古の茶室、書院の原型とされる。東求堂は銀閣と共に造営当時からの遺構であり、銀閣、東求堂ともに国宝である。銀閣は戦後最初の国宝。

《上の写真は書院の原型である国宝東求堂》

銀閣寺(慈照寺)へのアクセスマップと周辺の神社仏閣の案内図

《バス停(銀閣寺道・銀閣寺前)~銀閣寺へのアクセス・駐車場・周辺案内図》

銀閣寺の拝観情報

所在地・電話

  • 〒606-8402 京都府京都市左京区銀閣寺町2
  • 075-771-5725

拝観時間

  • 【夏季】3月1日~11月30日 8:30~17:00
  • 【冬季】12月1日~2月末 9:00~16:30
  • 年中無休 特別拝観時は時間が異なることもあるので要お問合せ

拝観料

  • 大人・高校生500円 小学生・中学生300円

交通アクセス・駐車場

  • 市バス「銀閣寺前」下車徒歩5分 市バス「銀閣寺道」下車徒歩10分
  • 市営観光駐車場 8:40~17:10 一回(1日)1000円

春・秋の特別公開

  • 本堂・東求堂・弄清亭の内部を拝観できる貴重な機会。1000円
  • 開催期間は公式WEBサイトで要確認

紅葉と桜の見頃

  • 【紅葉】錦鏡池周辺をカエデ等が彩る。見頃は11月下旬~12月上旬
  • 【桜】銀閣寺の借景である大文字山のヤマザクラが咲き誇る。見頃は4月上旬~4月中旬

関連情報

鹿苑寺の金閣と鏡湖池

金閣寺【世界文化遺産】

北山文化の代表格

金閣寺の正式名称は鹿苑寺であり世界文化遺産である。室町時代北山文化の体表作である金閣。室町幕府三代将軍足利義満が、1397年に西園寺公経によって築いた豪勢な山荘を手に入れ、室町時代絶頂期による権力と財力によって造営に着手。庭園や建物は極楽浄土を具現化したもである。ここから北山文化が…

続きを読む

龍安寺の枯山水庭園の最高峰の方丈前庭園の石庭

龍安寺【世界文化遺産】

世界的に有名なロックガーデン

ここ龍安寺は世界文化遺産である。方丈の南庭が有名な石庭であり、ロックガーデンの名称で世界的にも有名である。1450年に応仁の乱で有名な細川勝元が大徳寺家の山荘を譲り受け龍安寺を創建。その後、細川勝元は応仁の乱で東軍の大将になるが、この応仁の乱で龍安寺は焼失し1473年に勝元は病死する…

続きを読む

苔寺の幻想的な池泉回遊式庭園

苔寺【世界文化遺産】

幻想的な庭園

苔寺の正式名称は西方寺である。苔寺は通称であり、嵐山にある天龍寺の山外塔頭である。奈良時代に行基が開基し、1339年に夢窓疎石(むそうそせき)が復興。作庭にも着手する。足利義政が銀閣寺建設の際に参考にしたといわれるほど当時から天下に轟く名庭園だったようだ。明治初期の復興と共に庭園に苔が…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。