京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

永観堂境内案内図・永観堂境内マップ

《永観堂の境内案内図・境内マップ》

永観堂の放生池と錦雲橋と弁天社

永観堂えいかんどう禅林寺ぜんりんじ

東山随一の紅葉の名所

歴史は古く863年、空海の弟子の真紹しんしょうが建立したのが永観堂の始まり。永観堂の正式名称は「禅林寺」。永観堂の南側には大寺院南禅寺なんぜんじがある。「南禅寺」の名称は禅林寺(永観堂)の南側に位置することから南禅寺という名称になったといわれる。

永観堂は京都でも屈指の紅葉の名所であり、東山随一の紅葉の名所として名高い。境内には3000本以上のもみじがあり別名「秋はもみじの永観堂」

古今和歌集で既にもみじの美しさが歌われており、1000年以上という長きにわたって永観堂の紅葉の季節は境内を真紅に染まり、古くから多くの参拝者を魅了し続けている。

《上の写真は放生池ほうじょうち錦雲橋きんうんきょうと弁天社》

永観堂の多宝塔から望む境内の青もみじと京都南禅寺界隈

みかえり阿弥陀「永観遅し」

阿弥陀堂の「みかえり阿弥陀」は七代目住職の永観が、阿弥陀堂の阿弥陀像の周りで行道を行っていた時、阿弥陀像が檀を降りてきて、永観を先導する形で同じく行道。

立ち尽くす永観を阿弥陀像は振り返り「永観遅し」と伝えたとか。その姿がみかえり阿弥陀という訳である。高さ77㎝の小さなご本尊。やさしい姿、やさしい眼差しを参拝する者になげかけている。

《上の写真は多宝塔たほうとうから望む境内の青もみじと南禅寺界隈》

永観堂の多宝塔と御影堂の屋根と方丈池と弁天社

永観堂の絶景ポイント

御影堂ごえいどう開山堂かいさんどうは「臥龍廊がりょうろう」と呼ばれる斜面を駆け上がるスリリングな回廊でつながり、この臥龍廊を巡る時、ここのお寺は山崖に張り付いて建っていることが改めてわかる。創建当初、都には寺院を建設することはなく、都周辺の山中に建てたことにより、現在も古刹は山中にあることが多い。

境内には明治時代の歌人である与謝野晶子が紅葉狩りに来た時に残した歌碑がある。与謝野晶子は京都を詠んだ歌が多く、京都市内には与謝野晶子の歌碑が数多くある。

東山を借景に方丈池から望む多宝塔。方丈池周辺は紅葉の絶景ポイントである。永観堂の境内で一番高台にある多宝塔からは京都市内が一望できる。紅葉の季節は放生池周辺は幻想的な光景。

《上の写真は寿橋から望む多宝塔と御影堂の屋根、方丈池と弁天社》

永観堂の緑豊かな青もみじの参道

永観堂のノムラカエデ

ここ永観堂で興味深いのは「三鈷の松さんこのまつ」であろう。臥龍廊の手前の松のことであり、普通の松は葉が二本であるが、ここの松は葉が三本、しかも長く珍しい

財布に入れておくとお金が貯まり、タンスに入れておくと服がたまるといわれている。中門ちゅうもん(拝観料を払うところ)を入った右側の売店で無料でいただける。

最近は紅葉の季節の混雑期を避け、新緑の季節に訪れ、静寂の中でじっくりと参拝する人も多い。新緑の中にも赤い葉を茂らせるもみじがあり、ノムラカエデという。青と赤の色どりを楽しめるのもまたこの季節ならではであろう。

永観堂は人気観光スポットであるが、紅葉の季節を避ければ思いのほか混雑しておらず、春と夏は青々とした深い緑に囲まれ静かに拝観することができる。

《上の写真は見渡す限り緑豊かな青もみじの参道》

永観堂へのアクセスマップと周辺の神社仏閣の地図

《蹴上駅~永観堂へのアクセス・周辺案内図》

永観堂の拝観情報

所在地・電話

  • 〒606-8445 京都市左京区永観堂町左京区永観堂町48
  • 075-761-0007

交通アクセス・駐車場

  • 市営地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約15分
  • 駐車場は20台(無料)

拝観料

  • 大人600円 小中高校生400円

拝観時間

  • 年中無休
  • 9:00~17:00 受付は16:00で終了

ライトアップ

  • 3000本の紅葉をライトアップされた情景は幻想的。京都の紅葉ライトアップの中でも人気高い
  • 17:30~20:30 阿弥陀堂、画仙堂、多宝塔、庭園などをライトアップ

桜と紅葉の見頃

  • 【桜】3月下旬~4月上旬。ソメイヨシノ等が10本。春は青もみじと桜の薄紅色の対比が印象的
  • 【紅葉】11月下旬。モミジが約3000本と数多い。境内各所を艶やかに染め上げ艶やか

永観堂周辺のおすすめスポット

南禅寺の水路閣

南禅寺

大伽藍と水路閣

南禅寺は京都五山の上に列せられ、日本の禅寺の中でもっとも格式高い寺である。南禅寺の始まりは1264年、亀山上皇がこの地に離宮を造営したのがはじまりである。1291年に離宮を寺に改め、1334年に京都五山第一位、足利義満が相国寺を建立し「五山の上」位の最高位に。ここ南禅寺は江戸時代、松で…

続きを読む

無鄰菴の庭園

無鄰菴

日本近代庭園の代表作

明治・大正時代の元老山県有朋の元別荘。明治24年に購入し明治27年に建築に着手。明治29年に完成。木造の母屋に茶室とレンガ造りの洋館が広大な庭園の中で控えめに佇む。庭園は国の名勝。山県有朋が自ら設計及び監督も成す。現在は京都市の施設である。近代的で開放的な池泉回遊式庭園。敷地面積は…

続きを読む

真如堂の参道と三重塔

真如堂

京都を代表する参道の美しさ

真如堂は紅葉の名所として有名である。白川通りから入ると本堂の裏側に出でしまうので、出来れば参道から入ってほしい。なぜなら参道からのアプローチは春と夏は見渡す限り深い青葉に包まれ、紅葉の季節には彩り鮮やかで大変美しい。緩やかで坂に幅の広い石段、右には樹々に囲まれた三重塔、正面には…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。