京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

天龍寺の庫裏と達磨図

天龍寺てんりゅうじ【世界文化遺産】

夢窓疎石むそうそせき作庭の名庭園

1339年に室町幕府初代将軍である足利尊氏あしかがたかうじ夢窓疎石の勧めにより、後醍醐ごだいご天皇供養の為に天龍寺を建立。帝に合う壮大な寺院を造営。京都五山の第一位の格式高い禅宗ぜんしゅう寺院。京都きっての名刹で嵐山随一の人気観光地。世界文化遺産に登録されている。

夢窓疎石が初代住職に就任。夢窓疎石は天才作庭家としても有名。全国で数々の作庭をし、京都では他に苔寺こけでら西芳寺さいほうじ等持院とうじいん南禅院なんぜんいんなどが有名である。特に天龍寺・苔寺・南禅院は鎌倉後期から室町初期の王朝文化・禅宗文化を色濃く残す庭園として京都三名勝史跡庭園と称されている。

堂内拝観受付がある庫裏くりへ入ると大きな達磨図が出迎えてくれる。達磨大師とは禅宗の祖。この達磨図は前管長平田精耕ひらた せいこう老師の筆。等持院には天龍寺元管長で等持院の住職でもあった関牧翁せきぼくおうの作画の達磨図がある。

《上の写真は庫裏前の石段から眺める庫裏と達磨図》

天龍寺の大方丈と曹源池庭園と借景の嵐山

桜と紅葉の名所「嵐山」

天龍寺は室町幕府庇護ひごの下、30万坪を誇る大寺院であった。借景しゃっけいである嵐山もその昔は天龍寺の敷地の一部であり、北は清涼寺せいりょうじまでの莫大な寺域を有していた。

また塔頭たっちゅう子院しいんが150余院を数えるほどであったが、応仁の乱以降は室町幕府衰退によって勢力が衰える。

明治政府による上地令じょうちれいによって嵐山は天龍寺の手を離れ、国有地となっている。それまでは天龍寺が桜や紅葉を植え、山の手入れをし長きにわたって管理していた。現在は林野庁の森林管理事務所によって管理され美しい景観が保たれている。

《上の写真は書院前から眺める曹源池そうげんち庭園と大方丈おおほうじょうと借景の嵐山)》

天龍寺の曽我蕭白作の「雲龍図」

曽我蕭白作そがしょうはく作の「雲龍図」

8度の火災や戦火により焼失・再建を繰り返した天龍寺。現在の諸堂は幕末の動乱によって焼失後、明治になって再建されたもの。

当時の面影を残すのは曹源池とその石組いわぐみのみである。法堂はっとうの天井画の雲龍図は加山又造はかやままたぞう作。八方睨はっぽうにらみの龍として有名。

江戸時代の画家である曽我蕭白作そがしょうはくの「雲龍図」が京都文化協会とキヤノンと原本を所有するボストン美術館の協力により高精細複製品を見ることができる。

天龍寺の小方丈と曹源池庭園と龍門瀑

曹源池そうげんち庭園

曹源池庭園は嵐山や亀山を借景とし、曹源池を中心とした池泉回遊式ちせんかいゆうしき庭園。夢窓疎石が作庭。国の史跡・特別名勝で第一号である。

曹源池の対岸中央には二枚の自然石を滝に見立て鯉魚石りぎょせきを配した枯滝石組かれたきいわぐみ(石組だけで滝を表現したもの)の龍門瀑りゅうもんばくは鯉は滝を登れば龍に変わるという禅の世界観を表現。夢窓疎石はこの枯滝石組のテーマを好んで作庭に取り入れている。また日本最古の橋石橋などを配置している。

庭園で使われている石は天龍寺の西側を流れる保津川の自然石が使われ、自然との調和、庭園構成、夢窓疎石の芸術的センスが思う存分発揮された庭園。

曹源池庭園は南北朝時代を代表する庭園である。庭園には200本の桜があり、春は桜、秋には嵐山が紅葉で彩り豊かで目が覚めるような彩りに。四季折々に趣を変える庭園は深みある美しさ。

夢窓疎石が作庭した天龍寺曹源池庭園、苔寺等持院の3つの庭園を合わせて疎石三大庭園と称する。美の思想が造られた歴史を刻む名高い名庭園。

苔寺【世界文化遺産】は天龍寺山外塔頭。他に宝筐院ほうきょういんなどがある。宝筐院の「獅子吼ししくの庭」は江戸時代のガイドブック「都林泉名勝図会みやこりんせんめいしょうずえ」に記載されている歴史ある庭園。天龍寺から近いので訪れてみてはいかがだろうか。

《上の写真は大方丈前から眺める曹源池庭園と龍門瀑》

天龍寺へのアクセスマップと周辺の神社仏閣の地図

《JR嵯峨嵐山駅・阪急嵐山駅からへ天龍寺へのアクセス・周辺案内図》

天龍寺の拝観情報

所在地・電話

  • 〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
  • 075-881-1235

交通アクセス・駐車場

  • 京福電鉄嵐山線「嵐山駅」すぐ JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩13分 阪急電車「嵐山駅」から徒歩15分
  • 駐車場100台1000円 8:30~17:30(17:30閉門)10月21日~3月20日までは17:00閉門

拝観時間

  • 年中無休 8:30~17:30 17:30閉門 10/21~3/20は17:00閉門
  • 法堂「雲龍図」9:00~17:00 10月21日~3月20日は16:00閉門

拝観料

  • 庭園(曹源池・百花苑)高校生以上500円 小中学生300円
  • 諸堂(大方丈・書院・多宝殿)庭園参拝料に300円追加
  • 法堂「雲龍図」土日祝日のみの特別公開 一人500円【春秋は毎日公開期間あり】

早朝拝観

  • 11月上旬~12月上旬。早朝7:30に開門
  • 開門直後は人も少なくゆっくり参拝できる。おすすめ

桜・紅葉・季節の花々の見頃

  • 【桜】3月下旬~4月中旬。100本以上。多宝殿・望京の丘付近の桜が見どころ。
  • 【ウツギ】5月中旬~6月上旬
  • 【アジサイ】6月中旬~6月下旬。約100本以上。北門近くの百花苑のアジサイは絶景
  • 【ハス】7月上旬~7月下旬。ハスが放生池を埋め尽くす。ハスの花は午後には閉じるので鑑賞は午前中に
  • 【ムラサキシキブ】11月
  • 【紅葉】11月下旬~12月上旬。300本のモミジが鮮やかに彩る。望京の緒付近はモミジのトンネル。曹源池庭園の借景の嵐山の紅葉も見どころ

関連情報

苔寺

苔寺【世界文化遺産】

幻想的な庭園

苔寺の正式名称は西方寺である。苔寺は通称であり、嵐山にある天龍寺の山外塔頭である。奈良時代に行基が開基し、1339年に夢窓疎石(むそうそせき)が復興。作庭にも着手する。足利義政が銀閣寺建設の際に参考にしたといわれるほど当時から天下に轟く名庭園だったようだ。明治初期の復興と共に庭園に苔が…

続きを読む

宝厳院

宝厳院(天龍寺塔頭)

新緑や紅葉の名所

宝厳院は天龍寺の塔頭である。1412年創建の細川家ゆかりの歴史深いお寺。創建当初は京都市上京区にあった。応仁の乱で焼失後、豊臣秀頼によって再興。明治になり天龍寺の塔頭弘源院内に移転。2002年に現在の地に移転し再興をする。現在、宝厳院がある地はもともと天龍寺の塔頭妙智院があったが幕末の…

続きを読む

弘源寺

弘源寺(天龍寺塔頭)

嵐山を借景とする庭園

臨済宗天龍寺の塔頭寺院の一つ。1429年に創建された細川家ゆかりの歴史深いお寺である。創建当初は隆盛を極め広大な敷地を有した。幕末の蛤御門の変では長州藩が嵐山の天龍寺、弘源寺、伏見、山崎などに駐屯するが、幕府、会津藩、薩摩藩の前では惨敗。薩摩藩は長州藩の駐屯を許した天龍寺へ砲撃…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。