京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

龍源院の日差しが差し込み幻想的な東滴壺

龍源院(大徳寺塔頭)

洛北の苔寺

龍源院は1502年、畠山義元、大友義長、大内義興ら大名が創建。大徳寺南派の本院。大徳寺北派は大仙院が本院である。

龍源院は洛北の苔寺と呼ばれ、壮麗な雰囲気の四つの禅宗庭園は名高い。

《上の写真は光と影のコントラストが幻想的な四坪の宇宙といわれる「東滴壺」》

龍源院の大徳寺最古の表門と方丈

表門と方丈

表門は1502年に建立。切妻、桧茅葺で四脚門。大徳寺の中でも最古。

方丈は1502年、創建された当時のもので貴重。日本最古の方丈建築といわれており、重要文化財に指定されている。禅宗方丈様式を色濃く残す。

豊臣秀吉と徳川家康が対局した四方蒔絵碁盤・碁筒や日本最古の種子島銃、襖絵なども見どころである。

《上の写真は大徳寺の長い歴史を刻む表門》

龍源院の四つ禅宗庭園

四つの禅宗庭園

東滴壺は日本最小の庭園といわれており、方丈と庫裏の間に作られている。別名「四坪の宇宙」。細長い石庭に五つの石を配す。気象条件と日時が良ければこの東滴壺に日差しが入り、息を呑むような美しさはまさに神秘的。四季折々や日時でも見え方が変わり幻想的。

龍吟庭は室町時代に相阿弥が作庭した苔庭園。三尊石組は室町時代の特徴。須弥山形式の枯山水庭園であり、室町時代の姿をとどめ今に伝える貴重な庭園。

一枝垣(いっしだん)白砂を大海で表現し、苔の島を亀島、右に鶴島、奥に蓮菜山、蓬莱山の横には板石の一枝垣。蓬莱山には不老不死を叶えてくれる仙人が住むと言われている伝説の山。

滹沱底(こだてい)は別名「阿吽の石庭」。かつて豊臣秀吉が築いた聚楽第の基礎石が配置されている。聚楽第は完成後8年で取り壊した為、未だに謎が多い城である。

《上の写真は左上は「東滴壺」、右上は「苔庭園」、左下は「一枝垣」、右下は「滹沱底」》

大徳寺龍源院のアクセスマップと大徳寺と今宮神社の境内マップ

《バス停(大徳寺前・船岡山)~大徳寺龍源院へのアクセス・大徳寺境内案内図》

龍源院の拝観情報

所在地・電話

  • 〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町82-1
  • 075-491-7635

交通アクセス・駐車場

  • 京都市バス「大徳寺前」下車 徒歩すぐ
  • 乗用車40台 最初2時間500円 以降30分毎100円

拝観時間

  • 9:00~16:20
  • 定休日4/19 不定休

拝観料

  • 大人350円 高校生250円 中学生以下200円

大徳寺塔頭関連情報

高桐院の参道

高桐院(大徳寺塔頭)

新緑と紅葉が美しい参道

高桐院は江戸時代初期の1602年、大名であり千利休の弟子としても有名な細川忠興(三斎)が、父である細川幽斎の菩提を弔うために創建。千利休の弟子の中に古田織部など後世に多大な影響を与えた人物が多数いる。高桐院は大徳寺境内にある多数の塔頭寺院の一つであり細川家の菩提寺。高桐院の参道は…

続きを読む

興臨院の唐門

興臨院(大徳寺塔頭)

興臨院の古門

興臨院は畠山義総が創建。のちに荒廃するが前田利家によって再興する。以後畠山家、前田家の菩提寺となる。前田家ゆかりのお寺である。表門や本堂、唐門などは室町期の建築様式を今に伝え、大徳寺内では最古の建築物である。表門は「興臨院の古門」として有名。唐門は唐破風の檜皮葺。室町期の…

続きを読む

総見院の織田家の墓

総見院(大徳寺塔頭)

織田信長の菩提寺

総見院は大徳寺の塔頭の一つで織田信長の菩提寺である。寺の名は織田信長の法号。本能寺の変で織田信長は倒れ、その後の政権争いの中で羽柴秀吉によって創建された。境内には織田信長を偲ぶ品々があり、歴史的価値が高いお寺である。創建当時は絢爛豪華な伽藍が建ち並んだが、明治政府の神仏分離…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。