京都神社仏閣観光案内

古都京都は日本美術のミュージアム

東福寺方丈庭園「八相の庭」

重森三玲【1896~1975年】

「永遠のモダン」昭和の巨匠

作庭家、庭園研究家。、茶道や陶器、華道や建築、露地庭園などあらゆる日本の美に精通している。

生まれは岡山県吉備中央町。明治29年の山里に生まれる。岩がむき出しの山々「豪渓」が有名。日本美術学校で日本画を学ぶ。

美術の研究を目的に京都に移住後、独学で庭園を学び作庭を開始する。昭和9年の室戸台風によって京都の神社仏閣は甚大な被害を受け、多くの庭園も被害を受けた。これを機に重森三玲は私財を投じ、日本全国の庭園の実測調査を始める。

《上の写真は東福寺方丈庭園「八相の庭」》《京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約10分》

光明院の重森美玲作庭の破心の庭

実測調査は3年に渡り、その数250にも及んだ。池の形、石の数や配置、樹木の種類や配置、手法や様式の解明、庭園の形状を記録しておけば自然災害などで被害を受けても復元できるのである。

実測調査を通じ、石組による日本の美の重要性、江戸中期以降失われた石組による庭園の美の手法を復活させた。巨石を用いた力強い石組と、大胆に苔と敷石などを配した枯山水庭園を数多く作庭。

特に枯山水庭園は巨石を効果的に用いて伝統と創造の融合が特徴的。また復元した庭園も数多い。日本全国に200以上の庭園を作庭。著書も100冊以上のあり庭園研究家の第一人者。

《上の写真は東福寺塔頭光明院「波心の庭」》《京阪本線「鳥羽街道駅」から徒歩10分》

松尾大社の「松風苑三庭」

日本庭園の伝統美とモダニズムの調和と融合が見事。日本庭園の歴史に新風を吹き込み、今なお色褪せる事無く輝きを増している。

東福寺方丈庭園がデビュー作であり衝撃的。近代禅宗庭園の最高傑作。

《上の写真は松尾大社の「松風苑三庭」は重森三玲最期の作》《阪急嵐山線「松尾大社」駅下車徒歩約3分》

重森三玲庭園美術館庭書院前の庭

【重森三玲の京都における主な作庭】東福寺方丈庭園 東福寺塔頭光明院 東福寺龍吟庵 東福寺霊雲院  東福寺芬陀院 松尾大社 重森三玲庭園美術館庭園 大徳寺瑞峯院 貴船神社

《上の写真は重森三玲庭園美術館庭「書院前の庭」》《京阪電車 京阪本線「出町柳駅」下車徒歩約20分》

重森三玲関連記事

東福寺の通天橋から眺める臥雲橋と青もみじの雲海

東福寺

大伽藍と建築美と紅葉の雲海

鎌倉時代に創建。臨済宗東福寺派の総本山であり京都五山の一つ。19年の歳月を費やし、1255年に完成。かつて奈良最大のお寺であった東大寺と興福寺の名からそれぞれ一字をとって、東福寺と名づけられた。禅宗の寺院建築様式である。東山を背景にし、谷や緑の中に伽藍が配置され数々の塔頭が囲む…

続きを読む

松尾大社の拝殿と本殿と舞殿

松尾大社

酒造の神と三様の庭園

上賀茂神社と下鴨神社と並ぶ平安京の王城鎮護の歴史ある神社。701年創建。京都における古社の一つと言えよう。ここ松尾大社は亀と鯉がマスコットキャラクターである。八坂神社、城南宮、上賀茂神社、平安神宮、松尾大社と京都五社の一つに数えられる。京都市内を貫く四条通の東側に八坂神社があり…

続きを読む

光明院の波心の庭

光明院

東山の苔寺

東福寺の六波羅門から南へ少し歩くと、住宅街にひっそりと建っている。観光寺院ではないので表門には修学旅行生お断りの札もあり、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと庭園を鑑賞することができるお寺である。東福寺の塔頭の一つで1391年に創建。閑静な塔頭。明治政府による廃仏毀釈によって…

続きを読む

京都を訪れる人々へ

千年あまり都であった京都の歴史はとにかく深い。国宝や重要文化財などの寺院建築や美術品が数多く、これほど魅力ある街は他にない。ここには1200年もの長きにわたる歴史や文化が凝縮されている。誰もが知っている観光寺院でも一度ならず二度三度と尋ねて頂きたい。毎回新たな発見と感動を、そして心安らぐ京都の情景を楽しんでいただきたい。

私達について

私達が訪れたことのある京都の主な神社仏閣や観光名所、近代建築などを紹介しています。京都にはまだまだ多数の名刹・古刹などがあり、私自身もまだまだ訪れていない神社仏閣が数多く、これからも精力的に訪れたいと思っております。より多くの皆様に神社仏閣、または古都京都という都市そのものに興味をもっていただき、京都観光の架け橋になれば幸いです。

私達の使命

シンプルで分かりやすいウェブサイトを製作することを第一の使命とし、皆様へ良質な情報を提供、より一層知識を深める事ができるコンテンツを展開することを第二の使命として活動しています。

サイトについて

記載している内容の中には学術的に間違っている場合、また違う見解などがあると思いますがご了承ください。また本ホームページの記事、写真、イラスト等の転載及び引用は固くお断り致します。